資格取得応援サイトTop >  福祉系の資格試験 >  福祉系の資格には、どんなものが?

福祉系の資格には、どんなものが?

福祉系の資格は、
日本が高齢社会に入ったことで、人気が高まってきています。

高齢者が増加にともない、求人が安定していること、
やりがいを感じる仕事であることなどが、人気の理由の一つでしょう。


資格試験(資格取得後に就ける仕事)の主なものとしては、
  ・社会福祉士
  ・介護福祉士
  ・精神保健福祉士
などがあります。この3つは、国家資格です。


社会福祉士は、ソーシャルワーカーとも呼ばれ、
福祉に関したの相談に乗ったり、必要な援助や指導を行う専門職です。

社会福祉士は、
信頼のある国家資格の一つですから、受験の条件として、
  ・福祉系の大学で指定された科目を修めるか、
  ・実務経験を積んだうえで養成機関を卒業する
いずれかであることが義務付けられています。


介護福祉士は、ケアワーカーとも呼ばれ、
介護が必要な人に対して、生活上必要な介護を行う専門職です。

生活上必要な介護とは、入浴や排泄、食事などのお世話です。

介護福祉士も、国家資格となっていますが、
指定された養成施設を卒業すると、無試験で資格を得ることができます。


福祉系の資格試験(資格取得後に就ける仕事)としては、他に
  ・介護支援専門員(ケアマネージャー)
  ・介護アテンドサービス士
  ・福祉住環境コーディネーター
  ・介護食士
  ・痴呆ケア専門士等
など、民間・公的を含めて、様々なものがあります。


ホームヘルパーは、公的資格の一種ですが、
養成学校や講習会で過程を修めると取得でき、試験がありません。
ニーズも高く、試験を受けることなく取得でるため、
人気も高まっています。


Edit

関連エントリー

資格取得応援サイトTop >  福祉系の資格試験 >  福祉系の資格には、どんなものが?

Google

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://m-ya.com/mt/mt-tb.cgi/171

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

  • ブログSEO対策 : track word 
  • SEO 
  •  
  •  
  •  
track feed